水のもったいないニュース | 「RO水アピュア」の自動販売機 – 水と心でくらしの笑顔づくり

0120-38-1477
  • 問い合わせ
  • アピュアクラブ
  • オンラインショップ

ブログ

水のもったいないニュース

2016.02.23
こんにちは!古谷(ふるたに)です。 furutani   今日、知り合いの方から水に関するもったいないニュースを教えてもらいました。 ↓これです。

プールの水 大量流失 千葉市の小学校、水道料金請求440万円 栓閉め忘れ、18日間出しっ放し

  千葉市中央区の市立小学校が昨年夏、プールの給水口の栓を閉め忘れ、水を大量に流失させるミスを起こした問題で、市教委は22日、県水道局から請求された水道料金約438万円を該当校の男性校長、男性教頭、ミスをした20代の男性教諭の3人が弁済したと発表した。※千葉日報より http://www.chibanippo.co.jp/news/national/285556 
438万円分のお水ってどれくらいの量なのかなぁと、 過去の記事を検索すると約9200立方メートルという情報がありました。 9200立方メートル=9200トン!!! 先週の記事で1世帯の水道使用量を書きましたが、 4人世帯だと月間に26トンの水を利用するので、 9800トン÷26トン=353世帯 353世帯が1か月に使う水が流れていった計算になります。 ああ、もったいない。   水道局も容赦ないなぁと思いましたが、学校のプールで使用する水は通常優遇されていて、 千葉市では年間に4000立方メートルまでは無償とのことでした。(通常はこの量で賄えるらしいです)   ちなみに通常の使用環境で漏水した場合は、自治体によって異なりますが、 水道料金の減免処置がとられる場合があります。 例えば大牟田市では、先日の寒波の影響で多くの世帯が水道管が破裂し漏水しましたが、 市の発表によると、前年の1月分か、直近2か月の平均使用水量を上回った場合、 その分を漏水とみなして料金を請求しないそうです。 もしも水道管の破裂で水道料金が気になっている方がいらっしゃったら、 お住いの自治体に問い合わせると料金減免措置があるかもしれませんよ。   プールの水のニュースは極端ですが、普段の生活の中でこまめに水を止めたりすることは、 水道料金の節約になるばかりではなく、実は電気の消費量を減らすことにつながります。 浄水場などで使用される電気や、ビルやマンションで使われる揚水ポンプにも電気が使われているので、 節水は節電につながるのです。

水を1L節水した場合、 それにかかっていた電力使用が抑えられるので、 約0.98Wh※節電に貢献できることになります。 ※TOTOのページより引用 http://www.toto.co.jp/greenchallenge/value/setsuden/

  当たり前に使っている水も、 貴重な資源です。 ふだんから大切に水を使って、環境にやさしい生活を心がけたいですね。   阿蘇の天然純水は自然の恵み。 今なら全国送料無料です。 ナチュラルアピュアのご注文はこちら↓ top_brn01